金野拓実

記事一覧(72)

「似合う」をつくるプロセス②

今日もこちらをご紹介します!似合わせるために考えてることを紹介します!part2まず、お客様からのオーダー1、ずっと伸ばしてて就活があるので短くしたい。2、カラーはアッシュ系。赤みが出やすいので消したい。落ち着いたイメージが希望。3、重めのスタイル希望。長さは短すぎると勇気がいるので、ある程度ほしい。外はねにスタイリングしたい。○来店時の状態伸ばしてたので重くなってのびきった状態。濃いめのアッシュを重ねてきたのでやや赤みを感じる色味。○こちらからの提案1、今回は長さの設定がキーポイント。就活があるというのが大事なので、本人が一番しっくりくる長さを見つけて肩につかない長さを提案。2、落ち着いたイメージなのと就活があるのでブルー系のアッシュを選択。青みの強いアッシュは、他の色より落ち着いて見える。青みのだけだとより透明感が出るが、ブラウンを混ぜて色持ちを重視してアッシュブラウンを提案。3、外はねスタイリングは短すぎると慣れるまで巻きにくいので、ある程度の長さを。毛先を鋤きすぎると、巻いたときに毛先がいまいちなので重さも残す。軽いところと重さがあるところを作ると抜け間が出る。最近定番の切りっぱなしボブと外はねですが、その人自身のスタイリングの仕方や生活にも合わせて長さを決めるのが大事です。大きくイメージチェンジをするので、何より朝起きてテンション上がるかどうか寄り添ってデザインを考えます!少し長めにすると巻いていなくても大人っぽいイメージになります。○次回提案久しぶりに大きくイメージチェンジをして、ボブに慣れたなら、もう少し切ってオシャレな長さに変える。長さキープなら表面に短い毛をつくってスタイリングの幅を広げる。カラーは就活が続いていれば今回と同じか、色味をほんのり変えて気分転換する。今の髪型をどうしたいか、イメージを変えたいのか、扱いやすくしたいのか一人一人の『なぜ、美容室に来たのか?』の想いを確かめながら、デザインの提案、次回もヘアを楽しんでもらうための提案します!ご多忙かもしれませんが是非お店に来て髪の毛を任せてください!お待ちしております!金野今回はこのような仕上がりです!⬇

「似合う」を作るプロセス①

このシリーズはお客様1人1人合わせてどのように僕が考えて提案しているかを書いていきます。では!似合わせるために考えてることを紹介します!  まず  ○お客様からのオーダー 
1、長かった前髪を切りたい。好きなデザイナーさんの前髪を見て切りたいと思った。 
2、カラーはアッシュ系。ハイブランドのアパレル勤務なので品はある感じで。 
3、重めのスタイル希望。長さはお任せ。前髪切って幼くなりすぎないと嬉しい。  ○来店時の状態 
前々回他の美容室で軽めのスタイルになってしまい、
前回から重めのシルエットに変更途中 トップが伸びてきて重めのスタイルを作りやすくなったが、襟足やサイドがバランス悪い状態 
ヘアカラーは退色してオレンジ強いブラウンカラーで根元が3センチほど伸びている。 ○こちらからの提案 1、前髪は重すぎると幼くなり過ぎるので、隙間をつくって抜け間を作る 
2、あまり派手に出来ないので暗めで透け感のあるオリーブアッシュで柔らかさを出して春っぽく。
ブルーだと落ち着いて見えすぎるので程よくベージュが残るオリーブを選択。 
3、普段がカジュアルな服装なので仕事着とどちらとも似合うことが大事なので、シンプルで綺麗な髪型を選択。 モードな髪型に前髪を少し崩して生活にも似合わせます。

シンプルなショートヘアは色々な服装に合わせやすい上に、スタイリングや前髪で雰囲気を変えれるのでオススメです! 仕上がりはこちら